結婚式母親ドレスレンタル専門店のママズドレス

スタッフブログ

 

~8月1日よりママズドレス岩出店 OPEN~

投稿日: 2021年7月30日

ママズドレスは恵比寿店、大阪江坂店をはじめ、2020年10月1日に心斎橋店、12月1日横浜元町店、2021年4月1日神戸三宮店、そして新たに岩出店をOPEN 致します。

 

ご試着だけでもお気軽にご来店をお待ちしております。

 

尚、予約制となっておりますので、ご来店前にメールまたはTELにてご連絡をお願い致します。

ご来店のご予約はコチラ

 



華やかになりつつあるお母様ドレスの装い

投稿日: 2021年7月29日

 

最近は、「せっかくの洋装だから明るいカラーを着たい、試着してみたい」と

お選びになるドレスもピンクベージュやシャンパンゴールド・ライトグレーなどをご希望されるお母様が増えてまいりました。

また、定番のネイビーやブラックのドレスには

ゴールドやシルバーの小物を合わせて華やかさをプラスされるなど

コーディネートを楽しまれていらっしゃいます。

 

ママズドレスでは、オリジナルでデザインやカラー・おサイズを展開しております。

専属スタイリストが、素敵な一着に出会えますようお手伝いをさせていただきます。

まずは、お気軽にご相談くださいませ。



お式にふさわしいドレスをご提案いたします

投稿日: 2021年7月27日

 

どんな時でもお子様の晴れ着のお姿を見れるのはうれしいものですよね。

ママズドレスではお父様のモーニングを始めお母様のフォーマルドレスをレンタルにてご用意しております。

ご来店のご予約をお電話やホームページのご予約フォームより賜っております。

 

またご自宅でのご試着サービスもご利用くださいませ。

結婚式のお母様の正礼装フォーマルドレスレンタルのご試着、お下見のご来店予約は 各店の予約フォームへ | 結婚式母親ドレスレンタル専門店のママズドレス (mamasdress.jp)

 



大好評の【ご夫婦ご来店キャンペーン】まもなく終了!

投稿日: 2021年7月26日

 

先日ご来店ご希望のお客様より

「来月なら夫婦二人で来店できるのですが…7月のキャンペーンの対象になりませんか」

とご相談がございました。

 

大変ご好評につき、

特別に7月31日(土)までにご予約いただいた方も

対象とさせていただくことに致しました。ご来店は8月で構いません。

ご予約時に 「7月キャンペーンご利用ご希望」 とお申し付け頂きました

お客様のみ対象とさせていただきます。

 

お得な特典をご用意しておりますので、この機会にぜひご夫婦揃ってご来店ください。

 

皆様からのご予約をお待ちしております。



女性の正装とは?Vol.2 準礼装って?

投稿日: 2021年7月25日

梅雨明けした途端に真夏日や猛暑日が続き、なんだか体調もスッキリしませんが、私はハッカのアロマで蒸し暑さを撃退しています。
ブライダルマナーコンサルタントの岡澤 ひとみでございます。

 

さて、前回は正礼装について書きました。
今回は準礼装(セミフォーマル)について。

 

準礼装とは、正礼装に準ずる装いのことです。入学式や卒業式、結婚式に招待された場合などに主流となるスタイルです。
よく、「格式張った服装ではないが、改まった服装」と表現されます。
最近では、正礼装より準礼装のほうが、出番が多くなりました。

 

和装の準礼装は、訪問着や色無地。

洋装の準礼装は、昼間はセミアフタヌーンドレス。夜はディナードレスやカクテルドレスを指します。

 

素材はシルクや上質なウールが多く、昼間は光らない素材を用います。
夜はシルク、サテン素材など、光る素材を使用することが多くなります。

TPOという言葉がある通り、時間、場所、目的に合わせて、ふさわしい装いができることは、大人の女性として、とても大切なことだと感じます。

 

式典や結婚式で、似合うドレスを見つけると同時に、マナーまで配慮できるマダムを目指したいですね。

 

岡澤 ひとみ

 

~ママズドレスから~

岡澤先生のご紹介はこちらからもご覧いただけます。



洋装だから「カジュアル?」ではありません

投稿日: 2021年7月23日

洋装でも格式高いご婚礼にふさわしいお衣装がございます。

お客様のイメージを伺いながらスタッフがお客様のご納得のいくお衣装を

提案いたします。

是非ご相談くださいませ。



自宅試着好評です!

投稿日: 2021年7月22日

 

なかなか落ち着かない世の中ですが、そろそろドレスも選びたい…

最近はそんなお客様のお声をよく耳にします。

どうしようか悩まれていらっしゃるお客様には自宅試着をお勧めいたします。

 

ママズドレスでは店頭すべての商品を対象とさせていただいておりますので、

当店ホームページに載せておりますドレスコーディネイトはもちろんですが、

専属スタイリストにご相談いただければ、お好みのカラーやデザインをもとに

ご提案も致します。

素敵な一着に出会えますようサポートさせて頂きますので、

どうぞご安心ください。

 

まずは、お気軽にママズドレスにご相談下さいませ。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。



ウェデイングにドレスで出席してみませんか?

投稿日: 2021年7月20日

急激な暑さになかなか体がついていけず、着物を着るべきかお悩みのお母様も多いはず…

是非締め付けの少ないドレスでお子様の大切な日を心地よくお過ごしください。

是非一度ご試着をお試しください。

お電話やホームページのご予約、お問合せにて賜ります。

https://mamasdress.jp/reserved_shop/



エレガントなコーディネイトはいかがでしょうか

投稿日: 2021年7月19日

 

 

 

 

 

グレーとシルバーの光沢のある糸で繊細な刺繍を施した高級感のあるボレロに、

ライトグレーのAラインの ロングドレスを合わせました。

ドレスの生地には細かなラメラインが入っていますため、

シンプルな装いの中にも華やかさが漂います。

ママズドレスで人気の高いコーディネイトの一例になります。

 

他に、ボレロはお色違いで濃紺に金刺繍のタイプと、

ドレスはスッキリとした印象のスレンダーラインもご用意しております。

 

ママズドレスではお客様のお好みに応じて

組み合わせを楽しめます商品を多数ご用意しております。

 

皆様からのご予約、お問合せをお待ちしております。

 



今、結婚式って…

投稿日: 2021年7月16日

「まん延防止等重点措置」での結婚式対応は以下の通りです。

①カラオケ設備の使用自粛
②営業時間短縮(20時まで)
③酒類提供は19時まで(一定の要件を満たした場合に限る)
<一定の要件>
1.アクリル板の設置
2.手指消毒の徹底
3.換気の徹底(機械設備及び30分に1回5分以上の換気)
4.1テーブル4名以下

 

「緊急事態宣言」では
①酒類及びカラオケ設備の提供自粛
②営業時間20:00まで
③1.5時間以内の開催
④50人又は収容定員の50%いずれか小さい方での開催
⑤飛沫感染防止ボードの設置

以上を遵守すれば、結婚式の開催は可能です。

 

私たちママズドレスは、ご結婚式を予定されておられる新郎新婦様はじめ、主催者の皆様の少しでもお役に立てたらと、思っております。

思い出に残る結婚式をお迎えくださいませ。

 

お父様のモーニング・お母様やご親族様のドレスはママズドレスで豊富にご用意しております。

 

ご来店のご予約はコチラ

 



人気のママズドレスコーディネイト

投稿日: 2021年7月15日

 

お客様がご成約いただきましたコーディネイトをご紹介します。

 

ピンクベージュのロングドレスに、大きめのフラワー柄があしらわれたボレロを合わせました。襟元のキャザーと袖口のフリルが女性らしさを演出してくれます。

全体的にやわらかい色合いでまとめているため、やさしい印象になります。

アクセントとしてのワイン色のコサージュも素敵です。

 

ママズドレスでは他にも多数ドレスを取り揃えております。

まずはイメージされているドレスコーディネイトやカラーなどを

お聞かせ下さい。

専属スタイリストがお客様一人一人に合わせました

コーディネイトをご提案させて頂きます。

 

まずはお気軽にお問合せ下さいませ。



女性の正礼装とは?

投稿日: 2021年7月13日

蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

ブライダルマナーコンサルタントの岡澤ひとみでございます。

      

さて、「正礼装、準礼装」という言葉を何かで聞かれたことは、ありますか?

正式な格を有した服装を正礼装と呼び、もう少しカジュアルな服装を準礼装と呼びます。

 

これは日本の民族衣装である着物にも、歴然とキマリがありますよね。

いずれも5つ紋の色留袖、黒留袖が既婚女性の正礼装となり、

振袖が未婚女性の正礼装です。 

訪問着や色無地は準礼装となります。

     

洋装の場合もしっかりとルールが決まっており、時間によっても変化します。

昼間の正礼装がローブモンタント。

夜間の正礼装がイブニングドレス。

 

ローブモンタントは、襟元が詰まっているか、立ち襟で露出が少ないことが特徴です。素材は光沢感のないシルクがベストです。

イブニングドレスはデコルテを見せ、ジュエリーで華やかに見せます。

素材はシルクがメインですが、光沢のあるサテンなども好まれます。

 

昼と夜では、素材の光沢感などの違い、露出の違いがあることを覚えておくと便利ですね。

ただし、日本では夜でも、母上様の肌の露出は控えめになさる方が無難だと感じます。

     

フォーマルの考えでいくと、結婚式でホスト役(ゲストをお迎えする主催者のこと)である母上が着用されるドレスは、ローブモンタントかイブニングドレスが相応しいということになります。

日常的なワンピースやスーツでは、正装で参列されているゲストの方々に対して、失礼になってしまうのです。

 

もちろん披露宴会場の場所や格式を加味して、選ぶ必要はありますが、お留袖に代わる正装ドレスとなると、上記が正式でしょう。

上品に共布のボレロなどを着用され、肘を見せないというのが一般的です。

チャペル式でドレス姿のお嬢様の横に、正式なドレス姿のお母様という光景は、格式も主催者としても、ゲストの皆さまに安心感を与えますよね。

     

それでは、次回は準礼装について、お話をさせていただこうと思います。

 

岡澤 ひとみ

 

~ママズドレスから~

岡澤先生のご紹介はこちらからもご覧いただけます。