結婚式ドレスレンタル・ママズドレス

スタッフブログ

結婚式の服装はご両家でご相談を

ご新郎様ご新婦様は、式に向けての打ち合わせを毎日のようにされていることでしょう。しかし両家のご両親同士はお顔を合わせる機会が少ないものです。ましてやご両親の装いとなると後回しになりがち。

ご両親は式では若い二人に次ぐ注目の的です。

できるだけ早めに顔合わせをなさって、ご相談の上で服装プランを

立てましょう。

和装には昼夜の区別はありませんが、洋装では時間帯でドレスコードがかわります。また、最近では式場や披露宴会場も多様化しており、どのようなお洋服を選んだらよいのか迷われることと思います。

装いの基本は男性と女性のドレスコードを合わせることです。
日中の式で男性がモーニングを着用する場合、女性はアフタヌーンドレス

(肌を出さないロングスカートのワンピースやアンサンブル)が正装です。

若い二人が洋式ウエディングを望んでいるのなら、お母様も留め袖ではなく

アフタヌーンドレスにチャレンジしましょう。

喪服兼用のブラックドレススーツは格が落ちるのでお勧めできません。
ご両家の釣り合いも大事なポイントです。片方が留め袖やロングドレス、

片方がウール地の膝丈スーツという格が違いすぎる組み合わせは避けましょう。